ピアノブログと先生

ピアノブログを書いてることを、私は先生に、あえて伝えていた

もし先生が読んでくだされば、
練習の苦戦状況とか、悩んでることとか、私のピアノに対する熱意とか、
先生にも知っていただきたかったから・・・

限られた時間のレッスンでは、先生に伝えきれなかったこととか、
娘の悩みとか状況とか、先生と共有できればと思ってた

Yahoo!ブログを始めた頃、まだ先生には、そのことを言うタイミングがなく言ってなくて、
なんだか、書いてるうちに、私のピアノに対する真剣な気持ちを知ってもらいたいな~
って気持ちになって、先生にブログのことを打ち明けた


その事が、今になっては、良かったのかどうなのか・・・?

先生には、もしかしたら負担だったのかもしれない

私の苦戦記事が、グチに感じ取れたのかもしれない

娘の悩みも、私は先生に知ってほしかっただけだけど、
先生は、じゃあレッスンを厳しくしていこう…と捉えたのかもしれない

娘の練習に付き合ってると、私が娘をピアノ嫌いにさせてしまうってことで、
ぜ~んぶ先生にお任せするって書いたことが、
今考えると、娘のレッスンが厳しくなった原因なのかも・・・

そう書いたことで、娘が、練習嫌い、ピアノ辞めたい気持ちが大きくなったのは、
先生のレッスンの責任に感じ取られたのか・・・
実際、レッスンが厳しくなって、イヤになったのだから・・・

レッスンで直接先生と話し合えれば良かったのだけど、
限られた30分は、ほぼレッスンの時間で、悩み相談の時間は取れなかった

娘のレッスンでも同じく、学校でこんなこと、あんなことがあったって会話もなく、
生徒と向き合うというより、その生徒が弾く音としか向き合ってないように感じる

私もそうだけど、娘も同じく、先生に心を許して話し合えなかったのだろう

この記事でさえ、もしかしたら読んでくださってるのかもしれない
けど、あえて、書く
辞めてから、一切読んでらっしゃらないかもしれないし・・・


結局、良かれと思って打ち明けたブログのことが、
先生との溝を深めていったのかも・・・

前の教室を辞めたと同時に、このブログも閉じて、
また別の新しい私で、ブログを立ち上げようかとも考えた

でも、あえて、このブログを続けることにした

だって、どのブログにしたって、私は私だから・・・


そんな経験をふまえて、次の先生にはブログのことは明かさない
私のピアノの熱意は、直接、先生に言って伝える
疑問や悩み、相談も、直接、先生に聞いていただいて、話し合って、
そうしながら、イイ関係を築いていきたい

次の先生、午前中のレッスンだと、ゆっくり時間がとれますよ、と言ってくださってる
いろ~~んな意味で、新しいレッスンが楽しみ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:非公開コメトンさん

なるほど!
音楽で語り合えるのですね~♪
先生は、私や娘の思いをピアノの音で感じ取っていたのかもしれませんが、
私は、先生が何を考えてらっしゃるのか分からなくて、
意思の疎通ができてなかったんですよね~
もし先生が音で感じ取ったことを、「あ、今日は○○な気分なんですね~」とか、
言葉にしてくださったら、そこから会話が広がるんですけどね~(;^_^A
先生とのコミュニケーションって大事だなぁ~って感じましたe-446

No title

なるほど~、先生はご存じだったのですね。ブログの存在。
私はやっぱりあえては言わないですね。
時には「出来ない~~^^;」って愚痴も書きたくなるし、レッスン記書いてて「そういう意味で言ったんじゃないのに」とか思われたら…って思うとね。

それにどっちにしても先生ネット音痴だから自分ではネット出来ないらしいから(笑)

コミュニケーションは難しいなってほんとに思います。

直接話すにしても口から出た言葉をなかったことにはできないから、よく考えてから話さなきゃ…とも思うし、でもメールや手紙は何度も書き直してから相手に伝えられるけど、読み手のコンディションや性格などによって受け取り方が変わったりするわけで・・・。

30分のレッスンだとお話までは出来ないですもんね。

熱意はきっと演奏を聴けば分かってくださると思います。
atsumiryさん、本当に熱心だもの。

一応師弟関係なので思ったこと全部伝えて分かってもらうのは難しいですが、私も「これ大事」ってことは伝えられたらなって思っています。

ほんと、これからのレッスンが楽しみですね。


No title

先生にブログをお伝えしていたのですね。
まっさらにご自分を見せていた結果、相手がどのようにうけとるかは、相手の問題ですから、ばっさりと、お気にならさなくていいと、個人的には思います。
atsumiryさんと娘さんはお辛い思いをされたと思います。
もしかしたら先生も、お辛かったのかもしれません。
その先生を慕う生徒さんもおられるでしょう。
それは、相性の問題であり、誰のせいでもないのだと、自分は考えます。
ピアノブログをしていること、わたしは先生に言ってありますが、ブログ名などは言ってないし、聞かれてもいないです。
でも、検索したら出てくるだろうし、もしかしたら読んでいるかもしれないと思いながら書いています。
余計なことをだらだらと・・・失礼しました~^^;(しかもまとまらなかったし)


Re: まんまるお月さん

そうなんですよね~
今から思うと、レッスンレポって先生目線で読むとどんな感じなんだろうって、
先生にとってはプレッシャーにも感じられるのかしら…とか、、、e-263

レッスン中でのコミュニケーションって、時間が限られてるし、
難しいですよね~
教わることも、その一つなんでしょうけど、
なんというか、一方通行でないコミュニケーションというか…

やっぱり文字より直接のほうが、表情でも伝えられるし、相手の反応も感じれるし、
気持ちを伝えるには、そのほうがいいのでしょうね^^

熱意はね~…私って、熱意とヤル気だけで弾いてますからね~
音で伝わってくれると嬉しいですねe-343

疑問に思ったことは、すぐに聞くんじゃなくて、
一旦持ち帰って、自分なりに考えて、それでも解決しなければ、
自分の中に溜め込まないで、直接ちゃんと先生に聞こうって思います^^

これからは、娘のことは関係なく、自分のことだけに集中できるってとこが嬉しいですe-420

Re: ねこぴあのさん

そうなんです、包み隠さず先生に自分と娘のピアノ状況を知っていただきたかっただけなのです(^^;

その結果、先生がどう感じ取ったかは、もう私のただの憶測に過ぎないので、
全く分かるすべもないのですが、、、e-263

そうですね、先生も一人の人間、生徒とも合う合わないがあるのでしょう
こちらも合わそうとしてきたつもりが、噛み合ってなかったんだと思います

ねこぴあのさんも先生にピアノブログのことを伝えてらっしゃるのですね
でも、タイトルとか分からなければ、もし先生がねこぴあのさんの記事を読んでらっしゃっても、
自分の生徒さん=ねこぴあのさん、と結びつかないかもしれないですよね^^
レッスン曲とかで、「あ…」ってなるのかしら…
先生って、自分の生徒さんブログをどんな気持ちで読むんだろうってちょっと気になりますが…(^^;

ま、これからは、気兼ねなく、レッスン記事を書いていきま~す!!e-348
☆ category ☆
☆ profile ☆

atsumiry

Author:atsumiry
******************
私(亥)atsu
娘(中2)mi
息子(小5)ry
3人合わせて、
atsumiryです☆

☆ 最近のatsumiry ☆
Thank you for coming
検索フォーム