和音、押さえたままスライド

「花のワルツ」の最終ページ

冒頭に次ぐ難関です

20131213232932beb.jpg

見にくいかもしれませんが…
左手が2パートあるところが数ヵ所
「ターーータン」と「ウン タタタ」

赤丸のところ、音の離れた装飾音と和音
ここ、最初の譜読みで、わたし、
装飾音を5の指で、その後の和音も、またまた5の指を使ってた
弾きづらいけど、次の「タタタ」を弾くには、これしかないって思ってた

それが、この前のレッスンで、目からウロコ!
そんな弾きづらい指で弾かなくても、
装飾音を5の指で、和音は普通に「2と1」でとる!
でっ!!
次の「タタタ」を弾くために、和音は押さえたまま、
「2と1」の指をスライドさせて、「5と3」に移行して「タタタ」を弾く!

うわぉ!!
そんな方法もあったか!!

ペダルに頼れば、指を離して弾けばすむことかもしれないけど、
ペダルを使ってても、2分音符はちゃんとその間押さえとかないと、
2分音符である意味がない
曲によっては、どうしても押さえたままにはできないこともあるけど、
今回のは、押さえとけるパターン♪

私も極力、音符の長さに忠実に譜読みしてきたつもりだったけど、
装飾音→和音→指をスライド→和音押さえたままタタタ
こんな弾き方、思いもつかなかった

装飾音のあと、すばやく移動して次の音の準備をする練習
ゆっくりからこつこつ、やってみれば出来ないこともなかった

頭の中の引き出しが増えた気がした
いつでも出して使えるようにしておきたい
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆ category ☆
☆ profile ☆

atsumiry

Author:atsumiry
******************
私(亥)atsu
娘(中2)mi
息子(小5)ry
3人合わせて、
atsumiryです☆

☆ 最近のatsumiry ☆
Thank you for coming
検索フォーム