タランテラ~「強く」ではなく「大事に」

きょうは、MI ⇒ わたし、と 午前中に続けてレッスン♪

夏休みは、この時間帯で・・・


夏休みに入った始めの1週間は、学校でプールがある
学年別なので、RYとMIは、別々の日

で、今日は RYがプールの日

これについては、また次回、、、


で、レッスン♪

タランテラ (ギロック こどものためのアルバム)
●「p<f」で、「p」から3小節かけて「f」にもっていくところ
「f」の音が硬い!
「カーーン!」って鳴ってる
音は大きく、でも大切に弾く! 

●1小節で「>」デクレシェンドのところ、アクセントをつけずに、自然に!

●中盤、2本の小節線以降は、曲想を変えて、明るく♪

●最後の段のフェルマータ、てっきり休符を長めに取るのかと思いきや、
よく見ると、小節線の上にフェルマータ
なので、休符は譜面どおりで、小節の区切りを感じ取れる弾き方で♪ 


彼こそが海賊~「パイレーツ オブ カリビアン」より (連弾)
一度1人で弾いてみた
前回よりは上手く弾けたみたい♪
次は、先生と合わせて弾いてみた
つまずきながらも、弾けた♪

中盤、伴奏のソロがある
ちょうど3ページ目の終わり~4ページの始めにかけて

で、そこは、MIに譜めくりをしてもらうことに・・・
ソロ曲は暗譜だけど、連弾は譜面を置く

MI、家でも合わせるとき、そこをめくってくれるのはいいけど、
自分のパートがすめば、すぐめくってしまう
「待って!待って! お母さん、まだ見てるねん」
て、何度もある
MI! 頼んだよ


時の踊り~歌劇「ジョコンダ」より
ひと通り弾いてみる
つまずいて、止まって、あれ~~ってなって、弾きなおして、、、
どうしても まだまだ弱いところ 自信ないところは、こうなってしまう

●32分音符の出だしが、弱くて音が埋もれてしまってる
もっとクリアに、なおかつ、硬い音にならないように!

●和音のスラー、左のソロのところ、どうしても和音なのでスラーにならず、、、
そこだけペダルを かる~~く踏むことに!

●ポイントになる音を目立たせるように弾いているけど、
ここも「キーーン!」と硬くなってる
「強く」ではなく「大事に」弾く♪

●後半テンポが忙しくなる前のところ
早くならず、休憩する感じで、ゆっくりたっぷりと、、、

●2小節で「p<ff」のところ、インテンポではムリがあって、、、
途中からゆっくりになると、「弾けないから」と思われても損なので、
ココは、あえて「p」から、たっぷりしっかりクレシェンドをかけて!
で、徐々にテンポを上げて、インテンポにもっていく♪

●1拍ずつペダルのところ、左、まだまだ音が目立つ
もっと小さく!

と、まぁ まだまだ直すところはたくさん!


夏休み、なかなか集中してピアノが弾けない

本番を想像して弾いてても、、、
「おか~さ~~ん・・・」
と、どっちかが、声をかけてくる
後ろで、大声で姉弟ケンカが始まったり、、、



父親と出かけてるときだけが チャンス!
関連記事

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうも。
夏休みの練習時間確保、大変そうですね~。

お子さんが居ると賑やかで良いのでしょうけど…
(連弾なんかはホント羨ましいです!!)
本番近いと焦ってしまいそうです^^;

クレッシェンドとかって結構難しいですよね。
私もいつまでたっても不自然な感じで
先生に諦められたのか、何も言われなくなってしまいました;;

atsumiryさん、弾けない部分を逆に修正して
表現として弾くって凄いですね!
私はド根性で練習して全然弾けなくて
諦めてしまうコト多いので、atsumiryさんの練習法は目からウロコです。
こう弾かなきゃダメ!っていうの実はそんなに無いですもんね。

No title

クレッシェンド・デクレッシエンドって難しいですよね。
私は全然できてないです。
でもスルー…みたいな^^;同じですよ~。

時の踊りはとっても難しい曲だと思います。
音が上にポンと飛ぶし、ミスタッチしてもそのまま続けられるようになればいいかなって思いますね。
これも私の課題なんですけどね~^^;

夏休みは暑いし、子供たちもいるしで練習には厳しい環境ですが、まだ時間ありますから頑張って下さいね!

Re: いださんさん

練習時間確保、そうでしょ~~!!

子供たちがテレビ見てる間に、真ん中のペダル使って小さく弾いたり…
でもそれだと、弾けた感があまり感じられないんですよねぇ^^;

クレシェンドとか、pとfの差があまりないので、
つけてるつもりでも、端から聴くと、あんまりついてないんですよねぇ(-_-;)

この時の踊りはオケや吹奏楽の曲をピアノ譜にアレンジされた曲なので、
クラシックのように、こうでなきゃダメ!ってないんですよねぇ
ここはこう弾きましょう、と、発表会に向けて曲を作り上げてる感じです♪
どっちかっていうと、私の場合はポピュラーのようなアレンジ曲のほうが好みなのです
クラシックの曲をあまり知らないだけですが…^^;

Re: まんまるお月さん

音の強弱、難しいですよねぇ
fの音が硬い、っていっつも言われてしまってるような…^^;
pとfの幅をもっとつけれたらいいのでしょうけど、
pはそれほど弱くならないし、fもそんなに出ないか、出すと硬いとか…(>_<)

音が跳ぶところは、しょっちゅう外すのに、なぜかここはスルーできるんですよねぇ
たぶん、ここは外して当たり前と思ってしまってるかも…
でも他で外すとアワアワ…するんです(-_-;)

夏休み、本気練習は、子供たちがいないときに集中します^^;
ありがとうございます♪
まんまるさんも、もうすぐ!
楽しんで下さいね♪(^.^)

No title

フォルテでも強くではなく、大事になんですね。
いろいろな音の幅が出せるといいなぁ。
ピアノってタッチだけで音質がずいぶん変わるので、不思議だなぁ・・・ってつくづく思います。
同じ「弾いている」のに、先生の音はどうしてこんなに違うんだろうって。

時の踊り、難しそうですものね。
ミスなしで・・・なんて、至難の業っぽい・・・。
私なんて1分半の曲でも、弾くたびに間違えちゃって、不安です。

夏休みの練習、はかどらないの、わかります。
いつも夕食後の30分くらい練習するんですが、弾いている途中で声かけられたり、喧嘩したりするんですよね(>_<)

No title

fもpも それぞれ難しいですよね。
私もいつまでたっても、なかなかきれいに弾くことができません。
fは、力任せで、オショーズ(お師匠様)にはしょっちゅう「耳に痛い音」と注意されてます。
pは、弱くてもしっかりと楽器を鳴らしきりたいのにそれがなかなかできません。
fやpが苦手な問題は、特に、日ごろ弾きなれていないグランドで弾くと、より感じますね。
デジピ族の宿命かなあと思ったりするときもありますが、これについては、できるだけ生ピアノを弾く機会を作るしかなさそうです。

夏休みは何かと妨げがあって(笑)、なかなか練習に専念できませんよね。
そんな仲良く頑張ってらっしゃると思います。
時の踊りはいろいろ細かい指示が入るようになりましたね。さすが本番前モード、って感じですね(^^♪

Re: マミさん

同じメロディでも、タッチを変えるだけで雰囲気が変わりますね~
先生が弾くと、同じ曲でもぜんぜん違って聴こえますよね
簡単な易しい曲が、名曲のように聴こえたりします♪

自信がないとこをミスるのはよくあることで、
でもしょっちゅう、ココ~!?ってとこでミスります
安心箇所もあなどれないです(>_<)

練習中、声かけられますよねぇ~!
それ、今聞く必要ある!?ってことを!
子供がいるときは真剣練習はできないものとあきらめます(-_-;)
でも指が忘れないように弾いたり、ハノンとか、
できることをしようと思います^^;

Re: 私はタワシさん

実家にもデジピがあって、たまに弾いてみますが、
確かに生ピアノよりも強弱をつけるのが難しく感じます
でも、タワシさんは教会で生ピアノを弾く機会が常にありますから、
ピアノの感覚を分かりつつデジピで弾いてらっしゃるので、
デジピでも、生きたピアノに聴こえます♪

fを大事に弾くと、先生は「そうそう!そんな感じ!」とおっしゃってくれるんですが、
私にはその音がフォルテに聴こえなくて、
きっと私の中で、フォルテの許容範囲が狭いんだと思います^^;
同じフォルテでも、いろんな音質を表現できることが必要なんだろうなぁと思います

夏休みの練習ねぇ…^^;
正直、進まなくてイラッとしてしまいます(-_-;)
もう、これは避けられないことだと、あきらめました^^;

発表会モード、そうですね、まだまだ直す余地はたくさんあって、
これをすべてクリアできるんだろか…と不安もありますが、
やれることはやって、後悔なく弾ききれれば、それだけで充分です♪
☆ category ☆
☆ profile ☆

atsumiry

Author:atsumiry
******************
私(亥)atsu
娘(中2)mi
息子(小5)ry
3人合わせて、
atsumiryです☆

☆ 最近のatsumiry ☆
Thank you for coming
検索フォーム