息継ぎ、声に出して歌いながら♪

今日はレッスン♪

☆『ツェルニー初歩者のためのレクリエーション』
歌劇「アンナ・ボレーナ」からの主題(ドニゼッティ)
(左手)保存音が「ドーーン」と響きすぎ
(右手)スラーの最終音のスタッカートは、もう少し長めに出していい
出だしのアウフタクトも、もっとはっきり出していい
全体的に、聴こえてこない音があるので、もっとハッキリと!
デクレッシェンドも、小さくなるのが早いので、
もっと つな渡りを1歩1歩進む感じで!
間違っても弾きなおさないように!
かろうじて、、、合格

時の踊り~歌劇「ジョコンダ」より
今回は、後半5ページの片手を聴いてもらう
スラーが8小節続くところ、その直前の8分休符で息継ぎ
この8小節間で、ゆ~っくり吐いていく
声に出して歌いながら弾くことで、ブレスの練習になる
「ff」4音の和音のところ、「ジャーーン」と弾くと同時に、足が浮いちゃって、、、
足は浮かないように、しっかり両足で支えて!
前回の和音移動のところは上手くなったけれど、
他2ヶ所も、その練習が必要なところがある
運動会みたいなところに曲想が変わってから、
縦割りに音が聴こえるので、もっと前に進む感じに!

この曲も、全体的にところどころ音が小さすぎるところがあるので、
もっとハッキリ弾くように!

今回は、両手は弾かず、片手の部分部分、細かく弾き方を教わった
息継ぎのタイミングに気を付けて、
片手で弾いた感じのまま、両手で合わせられるように、
次の2週間、がんばろう!
関連記事

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!(^^)!
いつも、なかなか、おじゃまできずに、ごめんなさい<m(__)m>。
頑張っていらっしゃいますね。
「息継ぎ 声に出して歌いながら」
そういえば、レッスンの時、先生が、私が弾くのに合わせ、リズムを取られながら、時には歌いながら、肝心!の息継ぎは、思い切り、
鼻で「フン!!」と呼吸をする姿が浮かびました。
  とても、おきれいな先生が、この「フン!」(先生、ごめんなさい(^_^;))
でも、私は、それだけ、この「フン!」が大事な箇所だと、わかります。
やはり、体で表現するのは、大事なのですよね(#^.^#)。
お互いに、頑張りましょ~(#^.^#)

きょろぴ~さん

> いつも、なかなか、おじゃまできずに、ごめんなさい<m(__)m>。

ぜんぜんいいですよ♪
いつも訪問してくださってありがとうございます♪(*^^*)

息継ぎ、そうなんですよ
先生といっしょに歌って弾きながら、
ココ!ってときに、先生が息を「スーッ」ってされるんですが、
私の「スーッ」はズレちゃうんです…^_^;

この曲に限らず、これからどんな曲を弾くときも、
息継ぎ、意識してみたいです♪
☆ category ☆
☆ profile ☆

atsumiry

Author:atsumiry
******************
私(亥)atsu
娘(中2)mi
息子(小5)ry
3人合わせて、
atsumiryです☆

☆ 最近のatsumiry ☆
Thank you for coming
検索フォーム