時の踊り~両手はフレーズずつ!

今日はレッスン♪

『ツェルニー初歩者のためのレクリエーション』
歌劇「ノルマ」からの主題(ベルリーニ) 
20130130_145822.jpg 
この右手 付点音符、左手 3連譜
あまり自信がなかったけど、キレイにメロディは歌えてたみたい♪
左の伴奏は、もっと流れるように!


歌劇「ジョコンダ」より 時の踊り(10ページ)
(両手:2ページ半)
片手だと、うまく一つのフレーズで弾けているのに、
両手になると、右手の音がバラバラになり、左手は、重たくなってしまう
4小節のフレーズずつ、片手ずつ弾いて、両手で合わす
そうやって、少しずつ少しずつ進めていきましょう
右手でメロディと伴奏のところ、まずはメロディだけで弾いてみる

(片手:8ページ)
音の高低の移動が多いので、素早く次の音の準備をする練習
2小節で「p」⇒「ff」 左手4つの音の和音
かなり指を広げて、手首に力が入ってカチコチ
肩から弾く感じで弾くと、手の形も音も良かったみたい♪
「ff」は一息おいて、ジャン!!
譜読み、あと2ページ♪
ようやく最後までたどり着く

10ページで長いかなぁって思ったけど、曲想がいろいろ変化して、
弾いてみると、思ったよりも長く感じない
youtubeで吹奏楽のこの曲を聴いてみた
やっぱり、かっこいい!!
実際、吹奏楽部時代、私はこの曲でコンクールには出てなくて、
そでで聴いてたのか客席だったか、、、
でも、高校1年生の夏を思い出す、想い出の1曲♪
関連記事

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

☆ category ☆
☆ profile ☆

atsumiry

Author:atsumiry
******************
私(亥)atsu
娘(中2)mi
息子(小5)ry
3人合わせて、
atsumiryです☆

☆ 最近のatsumiry ☆
Thank you for coming
検索フォーム