思春期の子どもとどう関わるか

今日は、連Pの教育講演会で、校区外の中学校へ、、、

元中学校教師の、現在は大学で教員養成課程の講師をされてる方のお話
「思春期の子どもとどう関わるか」

娘 小3、息子 来年1年生、もう数年したら、娘も思春期突入で、、、

とてもゆ~っくり、おっとりと笑顔で話される先生で、、、

中学校の先生をしていた頃、その中学はとても荒れていて、
その学年の学年主任をされていて、
どうやって、子どもたちと向き合い、乗り切れたか・・・
実体験を話してくださいました

その中で、私の心に響いたのは2つほど、、、

とっても勉強になりました!

子どもの要求を受けとめる
これは、要求を「受け入れる」ではなく、「受けとめる
なんでもすべて受け入れることはできないけれど、要望として、しっかり受けとめる

中2の生徒たち、神戸へ遠足か校外学習かで、
以前にお菓子を食べながら・・・という違反があったので、
「今回は、おやつ禁止! 服はジャージで!」と決められ、生徒たちは反論
おやつで反論するかと思いきや、「ジャージはイヤや!」の意見が多く、
その学年主任(今日の講師)、「ちゃんと各クラスで意見をまとめ、要望書を提出するように!」

そしたら、立派な要望書を提出してきて、、、(以前、違反のないクラス)
●制服で行きたい・・・理由、、、、、
●お菓子を持って行きたい・・・理由、、、、、
●カメラを持って行きたい・・・理由、、、、、

でもそれは全クラス分ではなく、「一部の要望では認められません」と、学年主任

そしたら、「2年生統合要望書」(だったか?)みたいなのを提出してきて、
それには「お菓子を・・・」の要望がなくなり、「お金を持って行きたい」に変わってて、、、
「なんでや!?」
「だって、この前、違反した子がおるし、もういいねん」と、、、
「制服とカメラについては、要望を受け入れる」と学級委員たちに返事
お金のことで反論があるかと思いきや、黙って教室へ戻り、様子を見ると、
「制服とカメラ、OKしてもらえたで~」と、喜んでいたそう

その校外学習も、時間や整列なども、きちんとできていて、
違反も一つもなく、なんのトラブルもなく無事終了した、、、とのこと


バンドを組んでいた中3男子が、「文化祭でライブをしたい」と、、、バンドは3つ
しかも、本番が近づいてから、、、
元々から他に出し物は決まっていて、
「今さら遅いけど、一応、職員会議で聞いてみる」
結果、認められず・・・
「今度、3年の学年集会したるから、そこでライブさしたろ」
「あかん! 意味ない! 1年2年に聴かせたいねん!」
学年主任、考えて、、、
「じゃあ、クリスマスコンサートってことで、終業式の後にやったらええ
1、2年は自由参加で・・・」
当日、生徒たちは、「ライブさせてくれて、ありがとう!!」と、すごく喜んでて、、、


なんでも、「先生の言うことは聞け!」ではなく、
子どもたちの要望を受け入れ、受け入れられることは受け入れる
そうすることで、子どもたちは、「がんばろう! ちゃんとしよう!」って生きる希望が持てる


子育て・教育に手遅れはない
「中学生になってからでは、何言っても、ゆうこと聞かん!
もう今から言っても遅い! 素直な小学生のうちに・・・」
なんて、私も前に「中学が荒れてる」ってネタでブログ書いたけど、違ってた・・・
子どもたちとの関わり方で、子どもたちも変わってくる

反省して、「あかんわぁ」って思うことで、またスタートできる
何才になっても、初めてのスタート!
今からでも遅くはない!

この前テレビで、80才の女性がパソコンを習い、
毎日、自分が書いた絵をブログでアップしている元気なおばあちゃんが出てた

40超えて、もう今さら遅いかなぁ・・・って、ためらってることがある
ピアノと子育てとソレとの両立や、PTAとか日頃の忙しさを理由に、動けてない

背中、押されたかも・・・
関連記事

テーマ : PTA
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。

お久しぶりです。
そのとおりだと、思いました。
人間、いくつになっても、話を聞いてもらいたい、
要求を受け入れてもらいたい、という、気持ちがありますもんね。
たとえ、ダメでも、話を聞いてくれたという満足感があると、
こちらの言うことのも耳を傾けてくれるのだと思います。
私も、見習わなくちゃ。
良い、お話しが聞けてよかったですね。

No title

なるほど、『受け止める』ね~(^.^)
分かる気がする。
大人の立場で考えるとNO!ってことでも、子供の目線で考えるとまた違うし、なんでも頭ごなしに押さえつけてたら子供も意欲失うよね。
私も最近気づいたら怒ってばかりで、そんな自分に嫌気さしてて。。。
1歳の息子からしたらただ純粋に「やりたい」ことだからやってるんだろうけど、ついつい怒ってしまって(^^ゞ
思春期になるともっと複雑になってくるんだろうけど、そーだよね。
受け止めてあげなきゃね(^.^)

きょろぴ~さん

ほんと良い話が聞けました♪
PTA、いろいろ大変ですが、こういうとこがメリットです(^.^)

要求は誰にでもあって、受け入れられたら嬉しいし、
じゃあ頑張ろう!ってなります^^
生徒さんたちも、要求すれば認めてくれることもある!と思うと、
自信が湧いてくると思います

思えば子どもたちの要望、「あかん!」の一言で遮断してしまってるかも…と、反省しました^_^;

なつさん

分かるよ!
私もよぉ~~怒ってた…って未だにやけど…(^_^ゞ
子供本人は悪いことしてる意識は全くないのよねぇ~

RY3才ぐらいやったか、リビングの白い壁に、ボールペンで大きく落書きされて、
え~らい怒ったけど、本人は、「落書き」ではなく、ただ壁に「お絵かき」しただけなのよねぇ

なんでもかんでもは受け入れられないけど、
受けとめる、私もがんばってみよう♪

No title

荒れる子供って「どうせ大人は自分の言うことなんか聞いてくれない」って思ってるんじゃないかなって思いますね。
そんな状態だと大人でも荒れちゃいますよね。

言い分が幼かったり筋が通ってなくても「あなたはこう思ってるんだね」ってまずその言い分を繰り返して「ちゃんと聞いてるよ」って伝えることが大事ですよね。
「でもこの部分はこうなんじゃないかな、どう思う?」って話し合えば子供も納得してくれることがありますよね。

ついつい「こうしなさい!」「そんなのだめ!」といいがちですが、子供にも「どうすれば大人に認めてもらえるか考えさせること・・・。
私ももっとそんな風にしてやればよかったなと思うことが沢山ありますね。

でも最近、子供たち、それぞれ大きくなったけど男の子のわりには親との会話が多いなって事に気づきました。
決していい母親ではないな・・・とずっと自信を持てずに21年やってきましたけど、それでも子供を想って一生懸命やってきたことは伝わったのかなって思います。
うまくできなくても不器用でも、子供を必死で想う親の気持ちはきっと通じるんだなと。

だからatsumiryさんもコメントされてるママたちも大丈夫、と思います^^

まんまるお月さん

こうやって、いろいろ考えさせてくれる機会を持てたことが、ほんとに有り難いです^^

今まで、あまり子どもたちの要求を聞いてあげれてなかったなぁって、
改心して今からじゃあ遅いかなぁって思ってたら、
「子育てに手遅れはない」というお話もあって、救われました^^

まんまるさんは、3人の息子さんたちのことを、とても考えてらっしゃると思います
試験前の体調管理や、ケガのことなど、お仕事をされてたら家事との両立で時間がない中、
子供さんたちのことを先回りして考えてらして、
そういうまんまるさんの背中を息子さんたちは見てきて、
まんまるさんの想いが伝わってるんだなぁって思います^^
私も見習わなくてわ!

子育てって、誰でもみんな手探りで、、、
でもみんな、子供を想う気持ちは同じですね♪
☆ category ☆
☆ profile ☆

atsumiry

Author:atsumiry
******************
私(亥)atsu
娘(中2)mi
息子(小5)ry
3人合わせて、
atsumiryです☆

☆ 最近のatsumiry ☆
Thank you for coming
検索フォーム