図書室の本

ブックママだった
いつも図書司書の先生とブックママ1人のパターンだったけど、
今学期、3回あって、3回ともブックママ2人いた
3回とも違ったお母さん

今回のお母さんは、司書のお仕事のことを先生にいろいろ質問されてて、
興味深かった
今まで、チャイムと同時に「さようなら~」だったけど、
今回は、図書室に子供たちがいなくなっても、話は続く

図書室の本は、学校によって、置いてる本が違うとか…
うちの小学校は、昔から読み継がれてる本がたくさんあるけど、
隣の小学校には、新しめの本もたくさん置かれてるとか…
担当の先生と司書の先生とで、仕入れる本を厳選して仕入れて、
うちはセット買いとかはしないとか…
うちの市出身の絵本作家、長谷川先生の本があまり置かれてないのは、
担当の先生の趣味ではないからかな?とか…
各学年でテーマがあって、それに沿った本を図書の時間に読み聞かせてるとか、
5、6年生は、本を読むことより、本で調べ物をすることを学んでいるとか…

んー!勉強になりました!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆ category ☆
☆ profile ☆

atsumiry

Author:atsumiry
******************
私(亥)atsu
娘(中2)mi
息子(小5)ry
3人合わせて、
atsumiryです☆

☆ 最近のatsumiry ☆
Thank you for coming
検索フォーム