シングシングシング~3連符の裏拍

シングシングシング、一回目の連弾レッスン

あまり合わせ練習する機会がなく、
お互いテンポ92で練習し合っての、ぶっつけレッスン
このテンポだとゆっくりめで、
実際、先生の前で弾いたら、テンポ100超えてた

最初のテーマでは、お互いの音の切り方が、てんでばらばらで、
どっちが良い悪いではなく、お好みで、どう弾きたいか、
お互いが話し合って決めればいい

3連符の裏拍、これが2人微妙にずれてる
ウンタ ウンタ の「タ」が合ってない
タタタ タタタのリズム感を2人で合わせること

あまり練習できてない私も、連弾レッスンではちゃんと弾けないと!
と、さすがの私もテンポ92でしっかり練習していったのでした
おかげなのかどうなのか、先生も、
「今このテンポだと、目標テンポ144なんてすぐですね
先が見えてきましたね」
相方も、「音がすっごい出てた! 自分の音が聞こえないくらい」
どちらも、ありがたいお言葉!
きっと、自分なりに練習していったので、自信のある音だったんでしょう

先生から「先が見えてきた」って言われると、ホッとする
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆ category ☆
☆ profile ☆

atsumiry

Author:atsumiry
******************
私(亥)atsu
娘(中2)mi
息子(小5)ry
3人合わせて、
atsumiryです☆

☆ 最近のatsumiry ☆
Thank you for coming
検索フォーム