コンクールの選曲~次のステージ

先日のレッスンで、
来年2月にあるコンクールの選曲の話になり・・・

今年4月のコンクールでは、「雪の日のソリのベル(ギロック)」で金賞をいただき、
次のステージは、金賞受賞者のみの出場
ブルグミュラー程度レベルでエントリーしたので、2月も同様、同レベルで選曲

先生「何か弾きたい曲、ありますか?」
私「いや~まったく…どうやって決めればいいのか…
先生「ピアノ110選にもブルグ程度ありますし・・・」

今弾いてるノク2が載ってる楽譜
先生、ぱらぱらとめくってみて、「これなんてどお?」
って弾いてくれたのが、メンデルスゾーンの「狩の歌」
確かにカッコいい!!
だけど、知らない曲を今から一から譜読みで2月に本番ってなると、かんなり不安…
このピアノ110選Bは、どう見ても「発表会の曲!」って感じ

知ってる曲を弾きたいなら、やっぱりギロック
挙がったのが、「雨の日のふんすい」か「ソナチネ」
ギロックのソナチネは、「古典形式によるソナチネ」と「ソナチネ」の2つあって、
どっちがいいか・・・
弾くならどっちも一楽章なのだそう
弾きばえするのは「ソナチネ」
終わり方が、ビシッとフォルテッシモで終わる

「雨の日…」は、、、
さわりの1小節を弾いてみた
おっ! いきなり腕をクロスするのね~
お友達も弾いてらしたけど、難しそうだな~って感じてた

「雨の日…」か「ソナチネ一楽章」か・・・
私「もうちょっと悩んでみます」
先生「まぁ発表会まで考えてから決めてもいいですよ」

で、もう教室から出ようってときに、
私「どっちかって言うとソナチネに傾いてるかな~」
先生「じゃあ決めましょう!ソナチネで!」

優柔不断な私を見かねて、先生が決断してくださいました

あとでYouTubeで2曲を聴いてみた
うわぁ~ どっちもむずそう~

勝手に他の曲をあさってみたり…
いかん!いかん! 決めたんだから! 決まったんだから!

自分にとってはブルグ程度には思えない
そんでも先生を信じて、自分を信じて、やらねば!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆ category ☆
☆ profile ☆

atsumiry

Author:atsumiry
******************
私(亥)atsu
娘(中2)mi
息子(小5)ry
3人合わせて、
atsumiryです☆

☆ 最近のatsumiry ☆
Thank you for coming
検索フォーム