The Giving Tree

今日は、朝一で美容院へ カットとカラー
MIも宿題を持って一緒に来て、しずかにおとなしく待っててくれました

3月に切ったまま、ボブが伸びきっていたので、くくれるくらいの長さで軽くしてもらいに、、、

ご夫婦でされている美容院で、
お子さんも小3と保育園の年長のふたごちゃん、3姉妹

話も合います


いろんな話になった流れで、子供の夏休みの読書感想文の話から、
こんな本があるよ、と紹介してもらったのが、
洋書で「The Giving Tree」
邦題で「おおきな木」
カンタンな英文だったので、軽く読んでみた、、、

読む人によって、、、子供、母親、父親、おばあさんやおじいさん、
いろんな立場の人や、性格、その時の状況とかで、
解釈、捉え方がいろいろ違ってくる本、だそうで、、、


The Giving Tree (和訳)

美容院の奥さんは、この男の子が腹立たしくて、
「自立せーよ!」と言いたくなるそうで、
子供が読むと、「よかったね」とか、「かわいそう」とか、、、

私は、、、最後、なんだか淋しい気持ちに…
男の子の気持ちには入り込めないけど、木に感情移入して、、、
男の子が年を取っても、木は男の子を「Boy...ぼうや…」と呼んでいて…

ネットで見つけた ある男性の感想は、
男の子は、ずっと木に頼って大きくなって、
結婚してからは奥さんが木の代わりになって、
熟年離婚で奥さんに捨てられ、最後には何もなくなる…

深い…


次 読むときは、また違った気持ちになるのかなぁ
関連記事

テーマ : 考えさせられる本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

☆ category ☆
☆ profile ☆

atsumiry

Author:atsumiry
******************
私(亥)atsu
娘(中2)mi
息子(小5)ry
3人合わせて、
atsumiryです☆

☆ 最近のatsumiry ☆
Thank you for coming
検索フォーム