昇級審査~緑帯に向けて…

今日は、RYの空手の昇級審査
「緊張する~!」
「大丈夫!大丈夫! いつもといっしょで、場所が違うだけやん!」
車の中でも、ずっとそんなこと言ってた

到着して、いつもの練習仲間がいてホッとしたのか、緊張しなくなったらしい
これまでだったら、20人近くいて、知らない子たちもたくさんいて、、、
でも今回、参加者9人の少人数
しかも、知らない子が一人だけ
ほんとに、いつもといっしょの雰囲気で、場所が違うだけの審査

でも、その一人の子、RYぐらいの子で、白帯
初めての審査で、みんな知らない子で、さぞかし緊張したやろね~

人数が少ないので、審査も一人一人じっくり見る時間がある
少ないだけに、RY、型をする手が震えたらしい
多いと、型と実践それぞれで1~2回ぐらいの出番だけど、
今回、型も一人一人、パンチもキックも一人一人、実践も何人かと戦った

その一人知らない子、型では緊張したのか、太極1がうろ覚えだったりして、
きょろきょろして、がんばれ!がんばれ!って感じで…
そしたら、実践でしょっぱなRYが相手
審査的には、この白帯の子を見るために、受身としての相手がRY
RYも、ちょっと手加減して挑もうとしてたら、
その子のキックがバシッ!
パンチがバシッ!バシッ!
目が活き活き輝いてる!
審査員も、「RY! それくらいの力で返したってもいいで!」

得手不得手
この子は、型より実践で発揮できる子なんやろね
そうゆうとこ、審査員も見てくれてると思う

「この審査は加点だけ
型が間違ったからって減点しない
時間があって、たくさん見れたから、悪いとこも見えて減点とかはない
いいとこをたくさん見つけて、加点していくだけ
こそこそ間違えるんじゃなくて、堂々と力いっぱい間違えてください
こそこそだと見過ごして教えられないけど、
堂々と間違えば、教えてあげられるから…」

RYのが伝染して、お母さんまで緊張してたけど、
これで終わった!終わった! よーがんばった!
これであとは3年生になるのを待つだけね~

おつかれさま~!

押忍!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆ category ☆
☆ profile ☆

atsumiry

Author:atsumiry
******************
私(亥)atsu
娘(中2)mi
息子(小5)ry
3人合わせて、
atsumiryです☆

☆ 最近のatsumiry ☆
Thank you for coming
検索フォーム