エイとアイ

アメリカン英語とブリティッシュ英語の違い

アメリカン英語は、ねっちょり
ブリティッシュ英語は、さっくり
わたし的にはそんな感じに聞こえる

MIにそんな話したら、「そうそう!」って、分かるみたい

きのう観たミリオンダラーベイビー、珍しく字幕スーパーだった
たま~に聞き取れた英語、あ~こう訳すんだ~って見方もしてた
吹き替えじゃなく地声やから、感動も一際だったのかも…

ニュージーランド時代、エイとアイの違いに悩まされた

田舎の小学校のボランティアをしてた頃もあった
低学年クラスで、ABCD…を習ってて、
先生のあとに続いてリピートする
アイ、ビー、スィー、ディー…、エイチ、アイ…、、、

「アイ」が2回出てくる
どう聞いても、Aがアイに聞こえる

先生と他で話せる機会の時に、「Aがアイに聞こえる」って言ったら、
「Youが!でしょ… 私たちはちゃんと分かるわよ」みたいに言われた

オーストラリア人の、「グダイ マイ!」もそういうこと
書くと「Goodday mate!」やぁ!元気?ってな挨拶

アイリッシュパブでハマったスタットフェローズ
CDには歌詞が付いてないので、聴いたまま歌ってた
アイリッシュの歌詞で検索したら、いーっぱい出てきた

「わぁい」て歌ってたら、「Way うぇい」だった
「ばぁい」も「Bay べぇい」

「コミュニケイション」は「コミュニカイション」
「tomato トメイロゥ」は「トマァロゥ」

日本語の方言と同じようなものなんやろうけど…

1年居ただけに、彼らの音楽を聴いてるだけに、
ブリティッシュ英語の方が聞きやすいかも…

そんなこと言っといて、ほぼ聞き取れてません!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆ category ☆
☆ profile ☆

atsumiry

Author:atsumiry
******************
私(亥)atsu
娘(中2)mi
息子(小5)ry
3人合わせて、
atsumiryです☆

☆ 最近のatsumiry ☆
Thank you for coming
検索フォーム