悲愴三楽章~ガチ練習、最後まで!

あー!やっと最後までガチ練習できたー!

譜読みの前の段階、運指の確認程度では最後まで弾いてたけど、
しっかりガチ練習は、数小節ずつの長い長~い道のりで…

三楽章は、ホント、山あり谷あり壁ありで、
ほんの数小節のワンフレーズに何時間も掛かったり、
たったの1小節を、壊れたCDのように何度も何度も繰り返したり、
長かった~~!!

ある意味、これでやっとしっかりとした譜読みができた状態
これから、じわじわテンポ上げていって、
本番までにどこまで到達できてるんだろう
なんなら、もしかしたら、
本番は二楽章だけになってる可能性も、なきにしもあらず…

譜面づらでは、二楽章のほうが音符が多くて黒々して難しそうなのに、
それに比べて三楽章は、ほぼほぼ単音で余白も多くて、
それなのに、二楽章のほうが弾きやすく、三楽章は、超弾きにくい!

あさってはレッスン♪
先生に「イヤな予感」されないように、がんばろ!

シング・シング・シング~冒頭のリズム感

相方と連弾練習
私自身、ソロ中心の練習で、なかなか連弾に手が回らない状態
無難なテンポ100で合わしてみたら、なんとなく上げれそうな気がして、
テンポ120で弾いたら、なんとなく弾けた

冒頭のセカンドのソロから、拍をとりづらいリズムで、
プリモの出だしを入り損ねたり、
次の出だしも、拍を数えないと入れなかったり、自信がない箇所の1つ
セカンドの音を聞きながらだと、つられるので、
メトロノームに集中して、拍を数えて弾いてた
それだと、首で拍を数えてるのがバレバレで…

これは私プリモだけかと思ってたら、
実は相方セカンドも同じで、私が入ってくると、拍が分からなくなるらしい

一度、メトロノームを止めて弾いてみたら、案外合わせれた!
メトロノームなしでも、つられなくなってる!
初めのうちは拍を数えないとできなかったけど、
相手の音を聞いて、感覚で入れるようになったのかな
連弾は1人練習じゃ相手の音を聞けないから、
1人のときは、拍を数えず、相方の音を歌って入れるように練習しよう!

最後に目標テンポ144でムリクリ合わせてみた
速っ!
とっつまずくところもあるけど、いけんこともない!
テンポに慣れてくれば、弾けそうな手応え!

今月中に最後までガチ練習したかった悲愴、まだあと4分の1
悲愴三楽章は、高い山、堅い壁が多すぎる

来週のレッスンまでには!!必ず

悲愴三楽章~両手で最後まで

自分の時間が増えた!増えた!
平日でも、RYは6時まで外で友達と遊んでるし、
MIも部活で、帰宅は6時半すぎ
この土曜も、午前中、MI部活、RY空手
午後から、MI、友達と電車でお出かけ、
RY、6時まで友達と遊んでる
ずっと1人! わ~~い!!

悲愴三楽章、ようやく両手で最後まで譜読みできた
先日やっと1ページ読めて、
来週木曜のレッスンまでには最後まで読みたいと思ってたけど、
案外早めにいけた
それもこれも、自分時間が増えたおかげ~かな
いや、これで安心してる場合じゃない
これから!これから!

あれこれ他のことやってると、なかなかピアノイスに座れず…
でも今日は、あれこれやった上で、ピアノ時間も取れた

明日、小学校の運動会なんだけど、
今現在(前日の夜)、雨降ってる~!

悲愴三楽章~両手

発表会まであと4ヵ月もないとは思えないほどの進捗状況
ソロがね

明日はシング1回目の連弾レッスン
2人の音の長さが合っているかどうかとか、
それぞれのパートレッスンではできないところを聴いてもらう
ゆっくりめのテンポ92を目標に、
1人ではなんとなく通せるようになったけど、
合わすと大丈夫かな~…

悲愴二楽章は、ペダルつけて、これもなんとなく通せるようになって、
あとは暗譜しながら、
メロディーを響かせるように、和音の内声を脱力で、その他諸々…

問題は三楽章、やっと両手1ページめを弾けたところ
この16小節は何ヶ所か出てくる
ここらあたりは、ほぼ左右短音で、
がんばればなんとかなりそうな気もするけど、
一番の問題は、バッハのような曲調になるとこ
保持音やら、左右が主張してるメロディーの動き
ここは、今からでも両手練習しとこうか…

そんなこんなで、明日の連弾レッスン、がんばろう

じわじわ譜読み

いつも片手ずつ最後まで弾けてから、両手の譜読みに入る私

今回は、発表会までの期間といい、曲目といい、練習時間といい、
今までのやり方では到底間に合いそうにない危機を感じ、
やり方を変えてみた

じわじわ譜読み

11ページあるシングシングシング
これは先生により「せっかくだからリピートも全部弾きましょう」とのこと
一つ目の2カッコまでを片手ずつ弾いて指番号を確認
そこまでの両手のゆっくり練習
なので、最後までなんてまだまだ遠い

悲愴二楽章
これは一応最後まで片手で読んで指番号は定まったところ
次のレッスンまでに両手で…ってことなので、
今までの調子じゃ間違いなく間に合わない
なので、8小節ずつ片手ずつ弾いて、両手で8小節の練習
この8小節だけを、ゆっくり、とちらず弾けるのに数十分掛かる

こんな調子で、弾けるフレーズをじわじわ増やしていく

とりあえずは、この手順でやってみるのだ!

ソナチネI~一定のテンポ

毎回レッスンで言われるのが、「一定のテンポで…」

ソナチネっていうくらいだから、
揺らしたりとかはなく、きっちり安定したテンポで弾くこと

練習は、ほぼメトロノームで練習してるのに、
なぜ、メトロを外すと、好き勝手なテンポになってしまうのだろう

攻めて弾いてるところは、急いでしまい、
安全に弾こうとするところは、引きずられたテンポになってしまう
メトロノームで練習しているのに・・・

テンポ126でメトロを鳴らしながら弾いて録音、タイムは2:54
それに近いタイムで弾けたらヨシとしたい

メトロなしで録音、3分超え
チューナーでタップしてテンポ確認すると、
はっきりとテンポが落ちる部分が何ヶ所かある
いつも先生に言われてるところ

もっかい、気をつけて弾いてみる、、、タイムは、まぁヨシとする範囲
チューナーでテンポ確認、、、
さっきのテンポが落ちるところは、いいテンポだけど、
さっきのいいテンポのところまで急いでて、結局、全体的に速くなっだけ

一定のテンポって、難しいーー!!

ソナチネI~弾きにくい運指

友達が、レッスン終わりにうちに来てくれた

ソナチネIを弾いてみたけど、上手く弾けない
指先が荒れてるせいだけじゃない
ゆっくり弾くぶんには、なんとか弾けても、
テンポが速くなってくると、弾きにくい運指がある

譜面に載ってる運指では、
レーミファソラシドレーー
2→3→4指と弾いて、親指をくぐらせて、ソを1指で弾く
これがいつも上手くくぐれず乱れる

友達ならどう弾くか、冒頭を弾いてもらった
やっぱり手の大きい友達でも弾きにくい運指
友達なら、1指から始めやすいように、前の音を2指で弾いて、
1→2→3で、親指をくぐらせ、ソを1指

目からウロコ!!!
そうくるか!
なるほど!!
聞いてよかった!!

ずっと、載ってる運指で弾かなきゃいけないと思ってたけど、
こうミスばっかりでは、変える必要性を感じてきてて…
でも、練習すれば弾けるようになるのかも…とも思ったり…

友達の運指で練習してみた
やっぱり1指からのほうが弾きやすい
友達が弾くように、前の音の運指も変える高度な技はできないけど、
ここは、前の音とはスラーの切れ目なので、つなげる必要はなく、
前の音も1指で、連打になっても、1指から始めてもよさそう

今さらだけど、変えてもいいよね♪
聞いてよかった~

宮廷のコンサート~譜読み

次のレッスンまでの3週間
ソナチネ1だけでは物足りなさそうなので、もう一曲ってことで、
同じギロックの「宮廷のコンサート」も譜読み

本番曲の邪魔にならない程度の曲を…
先生の反応からして、ブルグは片手間にはしたくない感じが伝わってくる
選曲するときに「ブルグでもいいですかね~」ってチラッと言ったら、
「ブルグね~…ギロックからにしましょう」って…

ギロックも残り少なくなってきて、
その中から「本番曲の邪魔にならない曲」を…となると、
かなり狭まってくる
先生、ソナチネ系はスルーしてた
譜面を見た感じで、音が少なそうで弾きやすそうな曲を…
で、「宮廷のコンサート」になった
先生「片手だけでもいいですよ」

3週間あるし、まぁ両手でゆっくりなら弾けるだろう
そう思ってた…けど、大間違い
譜面づらはそんなに難しくなさそうなのに、左が不規則
インベンションとか弾いたことないけど、こんなんだろうな~って曲
曲の終わり方が、なんとなくバッハさん
最後の和音が、心地良い響き

きっと先生は、こんな曲ってご存知だったから、
「片手だけでも…」ってことだったのかもね~
難しいけど、弾いてて楽しい♪
☆ category ☆
☆ profile ☆

atsumiry

Author:atsumiry
******************
私(亥)atsu
娘(中2)mi
息子(小5)ry
3人合わせて、
atsumiryです☆

☆ 最近のatsumiry ☆
Thank you for coming
検索フォーム